会社沿革  --- HISTORY ---

1968.09

昭和43年

外資系商社「セールチルニージャパンリミテッド」産業資材部が分離独立、

トライアンフ貿易(株)と商号する

椰子殻炭製造装置等の輸出、米国LPSリサーチ・ラボラトリーズ社より防錆剤の輸入、

クリウリータール社よりグリース用添加剤の輸入販売を行う

1970.05

昭和45年

トライアンフ貿易(株)本社移転に伴い埼玉県川越市に同社関東営業所設立

同時に国産化学資材の取り扱いを開始

- 国産化学資材の創生期 -

 

1970.11

昭和45年

同関東営業所が独立、「ヤマト商会」として発足

離型剤「ペリコート」シリーズ拡販始動

 

1979.04

昭和54年

業務拡大に伴い、本田技研工業(株)埼玉製作所様の位置する

埼玉県狭山市へ会社移転

離型剤「メタフォーム」シリーズ拡販始動

 

1984.04

昭和59年

「株式会社ヤマト商会」として法人登記

バブル経済期

 

1991.10

平成3年

自社オリジナル製品倍増計画立案

プラスチック成形金型部門への注力

 

2000.06

平成12年

製品安全データシート(MSDS)の電子ファイル化の開始

特殊潤滑剤部門の拡充

 

2004.04

平成16年

電子メールによるMSDS添付業務の開始

欧州RoHS対応として、2005年より自社製品における分析データ取得開始

 

2008.11

平成20年

ホームページ開設

食品加工業界への潤滑剤販売強化

 

2012.10

平成24年

中国・タイをはじめとした海外現地調達化の推進

ゴム・ウレタン成形業界への注力


現在に至る