環 境 方 針 詳 細

直接的環境アプローチ

 
対環境優良製品開発

 マーケットニーズに対応した製品を開発する際、環境の側面を考慮した新製品の開発

 

特定環境負荷物質不使用製品率先販売

 欧州RoHS指令並びにELV規制物質、特定フッ素化合物(PFOS、PFOA)、

 REACH関連SVHC高懸念物質、その他指定環境付加物質を使用した製品及び

 含有の疑いのある品質保証の無い製品の販売禁止

 規制物質に関する不使用を実際に証明する分析データが添付可能な製品の優先販売

 

間接的環境アプローチ

  
廃棄物低減

 製品シュリンクの撤廃、エアゾールキャップの

 シングル化(蓋の縮小化)、コピー用紙両面使用、

 梱包段ボールの簡素化、余剰段ボールの小口

 製品梱包への自社リサイクル化、

 紙類データから電子データへのファイル化、

 シュレッター紙の梱包緩衝材への再利用、

 ペーパーレスFAX、FAX送信時の案内状省略

 

大気汚染防止

 全営業車にてハイブリッド・低排出ガス車の導入

 アイドリングストップ

 

エネルギー消費低減

 LED照明の導入、事務機器の省電力(状態)化、

 冷暖房省エネ温度設定、ハイブリッド車の導入

 

水質汚濁防止

 循環冷却水配管洗浄剤を使用せずに、

 汚水を発生させないシステムの推奨  


  

以上